ホンダV ツインマグナ250は大きさが400ccなみのビッグアメリカン

ホンダ V-TWIN MAGNA250は車体が同クラスで一番大きい

このバイクは発売当初では250ccの中では他の車種に比べて一番大きいものでした。

250ccという規定の枠を超えているのでは?と思えるぐらいで、400ccのバイクに乗っていた友人にもこの大きさで車検がないなんて本当に羨ましいという風に言われたほどです。

さすが日本が誇るホンダという事もあり、エンジン等も乗っていた間では故障もなく、何一つ問題はありませんでした。車検がないという事で、多感な時期の若者達にとっては規定範囲内での改造がしやすいというメリットもあり、一気に250ccのバイクの中では人気が急浮上した事も記憶に新しいです。

その人気に乗じて、更にボディが白のホンダ V-TWIN MAGNA S 250がラインナップに登場しました。言うまでもなく、圧倒的な勢いで人気に火が付きました。私達の友人の中では白い彗星と呼んでいたほどです(笑)私が乗っていた時代から幾年が経った今でも、中古車の価格で、当時と大きく差がない事にビックリしました。

現在でも人気がある証拠という事だと確信しました。もちろん走行距離等での精査はあるかとは思いますが、人気、フォルムのカッコよさ、機能性などを含めても、ホンダ V-TWIN MAGNA250は名車だったと思わざるを得ません。

ホンダV ツインマグナ250は重量が重いことがネック

大きさがピカイチのホンダ V-TWIN MAGNA250は、エンジンが250ccなのに対して、その大きさの為に、かなりの重量がありました。アメリカンなので、スピードレースをする事はないとは思いますが、限りなく風になりたい!という方へは向かない車種かもしれません。

ドッシリとした風格があるが故に、今の時代の若者達にとってはどのように映るか…また正規標準の車体が現在あるかどうかという部分が気にはなります。規定範囲内での改造とは言っても、私自身購入したものはマフラーが改造されていた状態のものでした。逆に改造をしたいと思っている方にとっては、限られた改造部品の中での選別を余儀なくさせられてしまうという事です。

絶対数で言いますと、ホンダ車の400ccの方が乗車されている方が多いのか、そちらの車種等の部品が数多く販売されていました。原型をとどめないほどに改造をしてやろうとお思いの方にとっては、かなり寂しい結末を迎えてしまう事になるかもしれません。

私自身、希望する仕様にする為に特注での部品オーダーした事もありました。車体が大きく、ドッシリとしている分、大人な感じで優雅にとお考えではない方にはおススメは出来ません。

私自身アルバイトでコツコツ貯めたお金で購入した為に、愛着がないわけがありません。全てに置いて乗車している時には100点満点だったと思います。

当時の流行りもあり、マフラーやサスペンションなど改造しておりましたが、何一つ問題はありませんでしたし、走行性能などに関しましても、何も問題はありませんでした。それも私がホンダ V-TWIN MAGNA250を購入した事の誇れる部分の1つでもありました。天気の良い日にアメリカンのバイクにまたがり、優雅に走行する姿はまさに洋画のワンシーンのようだとまで、私の頭の中で想像していました。

後部座席に恋人を乗せて、少し遠くの街まで行く事も多々ありましたが、その時でも何も問題はありませんでした。私自身が安全運転を心がけていたという事ももちろんありますが、それはバイクに乗られる方なら当然のモラルですよね?(笑)無茶な運転、無茶な改造はしない事でバイク自体の本気を垣間見る事が出来ると今では思います。

もちろん個人差はあるかとは思いますが、私にとってホンダ V-TWIN MAGNA250は全てにおいてパーフェクトでした。あとは日々のメンテナンスをしっかりとしてあげる事が大切だと思います。

ホンダV ツインマグナ250の評価まとめ

月並みにはなりますが、私にとっては本当に名車だと言えます。年齢的にも本当に青春の一ページに刻まれたと言っても過言ではありません。

私に乗られるバイクにとってはとても迷惑だったのかもしれませんが、私は高校生だったあの日このバイクと出会って本当に良かったと今でも感じています。

現在バイクをご購入される事をお考えになっている方がもし私のまわりにいるのなら、間違いなくホンダ V-TWIN MAGNA250の購入をおススメしたいと思います。それに付け加えて、私自身何十年後の穏やかな日々を過ごす時には、絶対に私の人生を変えたホンダ V-TWIN MAGNA250を購入し、もう一度あの頃に戻ろうと思います。

もしかするとその時には更に人気の車種なども登場しているとは思いますが、まだ見ぬ私のワイフと一緒に2回目の青春時代をフルスロットルで駆け抜けたいと思っています。最後になりますが、過去の遺物になっているかもしれませんが、是非一度だけでも試乗して頂き、その重量感と、フォルムのカッコよさを身をもって体験してほしいと思います。

忘れないで頂きたい事は、250ccだという事です。車検、車庫証明などのお金のかかる面倒な事は全てないという事を頭に入れておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です